スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

2013/10/26 (土) ソウルの鉄道で・・・

 八王子は、午後の2時頃まで雨降りでした。

台風27号は南寄りを通過、心配していた風もほとんど無く被害はありません。


で、つなぎで先月写したソウル画像でも・・・。

これやっと写した、KR(KORAIL)線なんですよ。

通勤型321000系8連の交流車、5000系後期車から321000系へ編入編成。
2013-9-15
321000系321004F K5092レ (二村) 9月15日

↑ が一つ先の終点「龍山」から戻って来ました。
2013-9-15
321000系321004F K5103レ (龍山-二村) 9月15日

続きは、解説と追記です。 web拍手 by FC2


ここの撮影場所(二村駅)にやって来たのは、想定外だったんです。

この二村(イチョン)駅の近くに「国立中央博物館」があって、そこを見学しました。
「博物館」を見学し終わり駅に向かって歩いていると、遠方に列車が見えたんです。
来る時は地下鉄で来たので、地上に鉄道が走っているなんて事は知らなかったのです。
実はこの二村駅は、地下鉄とソウル首都圏電鉄線(中央線)の接続駅でした。

ソウル首都圏電鉄線は、「韓国鉄道公社」(KORAIL)の運営で日本のE電みないなもの。
私は「韓国鉄道公社」の事を、日本の”JR”に対し、”KR”と勝手に呼んでいます。(笑)

話は逸れましたが、KRの駅に行って入場券が分からず駅員(女性)さんに説明すると・・・。
ナント、無賃でホームに入って写して良いと許可を貰えたのです。

喜び勇んでホームに着いて直ぐに来たのが、この ↓ 下り列車でした。(後追い)
2013-9-15
368000系368006F 2029レ (二村) 9月15日(16:03) 

間に合わずに後追いのこの列車、去年の2月28日から中央線・京春線で運用を開始した、
「ITX-青春号」という優等列車で、368000系の8連です。
画像を良く見ると、信号機の右付近の屋根が出っ張っていますが、あれ2階部分なんです。
つまりのこの列車は、8両のうち中間2両が韓国初の2階建て車両なんですよ。

因みにITXは、Intercity Train Expressの略。
青春は清涼里駅と春川駅の頭文字を取ったものだそうで、更に「青春」を連想するとの事。

ではもう一度321000系8連の上り普通電車の編成画像。
2013-9-15
321000系321004F K5092レ (西氷庫-二村) 9月15日

↑ が駅に到着、側面を写しました。
2013-9-15
321000系321004F K5092レ (二村) 9月15日

次の上り普通電車が到着。
2013-9-15
321000系321005F K5094レ (西氷庫-二村) 9月15日

ご覧の皆さま、ここで何か気付きませんでしょうか?
細かな事では無く全体的な事で、私も初めは気付きませんでした。

ヒント画像はこちら、この日に乗った地下鉄(メトロ)2号線で、とある駅で離合した対向車。
運転士さんがチラッと見えますね。
2013-9-15
2000系 2063F (堤島・トウツソム)9月15日

そしてKR線で、下り普通列車が前照灯を点けて停車中、乗客が乗降しています。
2013-9-15
321000系321018F K5101レ (二村) 9月15日

次の下り普通列車が停車中、ホームドアの様子が分かりますね。
ここの駅は、2面2線の対向式でした。
2013-9-15
2013-9-15
321000系321004F K5103レ (二村) 9月15日

先ほどの答えですが、「ホームドア」・・・では無いんです。
韓国(ソウル)の鉄道は、地下鉄を含めてほとんどが「ホームドア」を採用しています。

そして回答ですが、「左側通行」でした。

韓国では、交通機関のほとんどが日本と反対の「右側通行」です。
ところが私の見た限りでは、KR線は「左側通行」だったので驚きました。

でも世界全体からみれば、日本の「左側通行」が珍しいんですけどね。
そういえば、カンガルーのオーストラリアも確か「左側通行」だったかな?

と云う落ちでした。
で残り画像ですが、この日写した非鉄画像をご覧ください。

宿泊したホテルから歩いて10分、最寄りの地下鉄駅に向かいました。

駅(蚕室・チャムシル)の上に到着、日曜日の朝ですが路線バスがひっきりなしに通ります。
2013-9-15
2013-9-15
駅の上では、新しい「ロッテワールド」の建設が行われています。
2013-9-15
(蚕室・チャムシル) 9月15日

地下に降りると、駅の売店が営業していました。
2013-9-15
地下鉄2号線 (蚕室・チャムシル) 9月15日

↓ は改札前の券売機類、いわゆる紙のキップは無く、全てICカードでの利用。

液晶画面のタッチ式で、言語→行先→枚数をタッチして、表示された現金を投入。
人数分のICカードとおつりが出て来ます。
料金は、目的地までの運賃+ICカードの補償金500ウォン(約45円)。
補償金の500ウォン(約45円)は、降りた駅の精算機に入れると返却されます。

↓ の右から2番目が精算機で、真ん中がカード販売機。
2013-9-15
地下鉄2号線 (蚕室・チャムシル) 9月15日

地下鉄2号線に乗って、最初の目的地「市庁・シチョン」駅に向かいます。

地下鉄2号線の2000系車内、日曜の朝で最後部車両なので空いています。
2013-9-15
2013-9-15
地下鉄2号線2079F 9月15日

地下鉄(メトロ)2号線は環状線で、路線カラーは”緑”です。

途中駅に到着、急いでドアからホーム前方をパチリ、ホームドアなので車両は見えず。
2013-9-15

途中の「聖水」駅で対向車の2000系と離合、前照燈は必ずしも点灯していません。
2013-9-15
2013-9-15
2031F  (聖水) 9月15日

車内の2号線路線図、右下の「蚕室・チャムシル」から左上の「市庁・シチョン」まで乗車。
15駅、約30分で、運賃は120円だったかな?
2013-9-15
9月15日

「市庁・シチョン」駅の地上にある「徳寿宮」を見学、その「大漢門」を撮影。
2013-9-15
(徳寿宮)9月15日

「徳寿宮」からタクシー乗車、次は南山公園にある「Nソウルタワー」に向かいます。
2013-9-15
(南山公園入口) 9月15日

南山公園入口からロープウェイに乗車、往復で8,000ウォン(750円)、安いです。
2013-9-15
(南山公園ロープウェイ) 9月15日

Nソウルタワーに登頂、東京まで1,175.99km、福岡まで539.55kmと書いてありました。
Nソウルタワーは9,000ウォン(845円)、こちらも安いです。
2013-9-15      2013-9-15
(Nソウルタワー) 9月15日

展望台からKORAIL(KR線)のソウル駅を俯瞰。
韓国新幹線「KTX」が5本も停車しているのが見えます。
2013-9-15
(Nソウルタワー) 9月15日

ソウル駅には、今年の4月に訪れています。(コチラ→「KORAILソウル駅」)

4年前の6月に運用を開始した200000系の「ヌリロ号」、日本のHITACHI製だそうです。
2013-9-15
(Nソウルタワー) 9月15日

新しいKTX-山川(KTX-Sancheonサンチョン)、いわゆるKTX-Ⅱ編成。
こちらも4年前の3月2日から運用開始、京釜線と湖南線にそれぞれ投入されました。
2013-9-15
(Nソウルタワー) 9月15日

4つドアーの通勤型も写していました。
2013-9-15
(Nソウルタワー) 9月15日

Nソウルタワーを1時間ほど見学し、次は「明洞(ミョンドン)」に向かいます。
「明洞(ミョンドン)」は東京の原宿のような街、おじさんが行くところではありません。(笑)

南山公園入口から「明洞・ミョンドン」まで歩いて約10分。

「明洞・ミョンドン」に着いて、少し早いですがお昼ごはんにします。
2013-9-15      2013-9-15
(南山公園ロープウェイ)                   (明洞) 9月15日

お昼は日本人観光客にはメジャーな、「明洞ギョーザ」を食べてみました。

メニューは4種類で、値段はどれも8,000ウォン(750円)でした。
2013-9-15
2013-9-15
(明洞ギョーザ) 9月15日

こちらの「ギョーザ」は”焼き”ではなく、”蒸し”か”水”でした。

自分は「水ギョーザ入りうどん」を食べましたが、辛く無くて美味しかったですよ。
2013-9-15
2013-9-15
(明洞ギョーザ) 9月15日

おなかもイッパイになり明洞の街をブラついてみましたが、やはり退屈でしたね。(苦笑)
2013-9-15
2013-9-15
(明洞) 9月15日

「明洞」から地下鉄4号線に乗って、「二村」にある国立博物館に向かいました。
2013-9-15
(明洞駅入口) 9月15日

2013-9-15
(明洞) 9月15日

「明洞」から乗車した ↑ の車両ですが、KR安山線の車両で341000系でした。
2013-9-15
2013-9-15
341000系341007F  (地下鉄4号線) 9月15日

「二村」に到着、6駅11分、約105円でした。
2013-9-15
(二村) 9月15日

15日は、朝から晩までソウル市内を見学しました。

疲れ果ててホテルに到着、部屋の窓から暗くなった外を写しました。
左はロッテワールド、右が建設途中の新ロッテワールド。
2013-9-15
(蚕室・チャムシル) 9月15日

翌日は、東京に帰ります。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

YamaChan

Author:YamaChan
当ブログにお越し頂き
ありがとうございます。

地元八王子を中心に
撮影していきます。

どうぞ、よろしくお願いします。

メールはこちらから
メールフォーム
ランキングに参加しています
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。