スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

2012/5/10 (木) カルガモの親子

 今日は午前中良いお天気でしたが、午後から雲が出て来て、3時頃からまた雷雨になりました。

そして今日の話題は、朝の出勤時の出来事で全くの非鉄です。

いつものようにクルマを運転して、多摩市にある勤め先の近くまで来た時の事・・・。

中央分離帯のある片側2車線の左側を走っていると、前方を右から左に何やら横断しています。
初めはネコかな~と思って接近すると、ナントそれはヒナ鳥を引き連れたカルガモ親子でした。

まだ左端まで渡り切れていないので、ゆっくり徐行しながら真横に・・・。
すると親鳥は歩道の縁石をヒョイと乗り越えましたが、ヒナ達は登れずにピョンピョン跳ねています。

自分のクルマの直ぐ後ろには一台続いているので、停止する訳にはいかずに徐行して通り過ぎました。
左サイドミラーを見ていると、ヒナ達はまだ登れずにピョンピョンを繰り返しています。

このままじゃークルマに轢かれちゃうよ~と思い、急遽次の交差点を左折。
近くの公園の駐車場が空いていたのでそこに頭から突っ込み、カメラを持って現場まで駆けつけます。

200m位めいっぱいダッシュして写したのが ↓ コレ。
息が上がって、しかも慌てて写したのでブレブレです。

親鳥が何度も『こうやって登るのよ』、と歩道への登り方を教えています。
2012-5-10
右は車道

ここで自分に葛藤が生じました。
自然の摂理に背いて、人間が手を出して良いものか・・・。
一瞬悩みました。が・・・。 web拍手 by FC2


手にしていたカメラを首にかけ、周りを見渡し、落ちている小枝を拾って折って縁石の下に置きました。
でもヒナはそれには気づいたものの、縁石が高すぎて登る事が出来ないでいます。
ん~困った、どうしよう。

ふと見ると、自分から50m位先で騒ぎに気付いたご近所の主婦が2~3人こちらを遠巻きに見ています。
仕方ない、咄嗟に自分が着ていた制服を脱いで縁石の下に丸めて置きました。

この間、傍らを自動車がビュンビュンと走り去っていきます。

それでもヒナ鳥はピヨピヨ鳴くだけで、ちっとも登れません。
その間親鳥は、近くでガーガーいってわめいていました。

もうこうなったら打つ手は一つ、逃げ惑うヒナを追いかけ、一羽ずつ歩道にほうり上げました。
全部で8羽、まー逃げ足が速くて全部上げるのに3分位かかりました。(大汗)

その時の画像、やっと歩道に上がったところ・・・。
残りのヒナ鳥は、まだ右のツツジの植え込みの中にいます。
2012-5-10

2012-5-10
左が公園

ところがここで次なる難問、左の公園に進むには、更に高い縁石を乗り越えなければなりません。
しかもこの時、更なる危機が迫っていました。

ナ・ナ・ナント、一羽のカラスがヒナを狙って低空飛行で襲いかかって来ました。
こりゃ助けなけりゃいかん、でこちらが追い払おうと近づくと、カルガモ親子も逃げ惑います。

仕方なくそこでもう一度、丸めた制服を縁石下に置きます。
今度は登りやすいように上手く丸めます。(そりゃー学習しますからねー、笑)
2012-5-10
左が歩道、右が公園

と、どうでしょう、ヒナ達は上手に制服を足場に縁石を乗り越えてくれました。

やっとこさ無事公園内に入る事が出来ました。
2012-5-10

親鳥がヒナ達を引き連れて、公園内の池に向かってヨチヨチと歩いています。
2012-5-10  2012-5-10

で5分ほど歩いて、無事池に着水しました。
2012-5-10

この画像で良く数えると、6羽です。
あとの2羽は・・・、もしかしたらカラスの餌食になったか、途中はぐれてしまったか・・・。
2012-5-10

ところでこんな状況で、皆さんでしたらどう対処します・・・?
助けるか、そのまま放置するのか・・・。

息絶え絶えで会社に着いてから、少しの間悩みましたよ。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
リンク
プロフィール

YamaChan

Author:YamaChan
当ブログにお越し頂き
ありがとうございます。

地元八王子を中心に
撮影していきます。

どうぞ、よろしくお願いします。

メールはこちらから
メールフォーム
ランキングに参加しています
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。